犬・噛み癖・原因

犬の噛み癖の原因は?

犬をしつける上でよくあるトラブルが噛み癖です。

 

子犬の時の甘噛みの癖を放置しておくと、

 

成犬になった時に、誰にでも噛み付いて大きな事故になりかねません。

 

その前にできれば子犬のうちからしっかりと噛み癖のしつけをする必要があります。

 

しかしその前にあなた自身が、

 

犬の噛む癖の原因をしらなければしつけの根本的な解決につながりません。

 

そこで原因をいくつかあげてみました!

 

なでられる事の恐怖心

 

過去のしつけが原因で、

 

何かに失敗するたびにあなたは犬を叩いたりしていませんでしか?

 

それが犬にとってトラウマとなって頭を撫でられたり体を撫でられたりすると

 

条件反射的に噛んだりします。

 

なにかに驚いた場合

 

何かに驚いた場合にも、犬はよく噛んだりします。

 

何に対して特に驚いているのか?を深く知る必要があります。

 

(例、雷やチャイムの音など)

 

甘やかされて育てられた場合

 

子犬の時から甘やかされて育てられた犬に噛み癖がよくみられます。

 

あなたの犬の子犬時代を思い出してみましょう!

 

矢印甘噛みの延長で、噛んでいい場合、悪い場合の区別をつけさせず放置していませんでしたか?

 

矢印気に入らない事があればすぐに飼い主に噛んでもあなたはそれをかわいさのあまり甘やかして放置していませんでしたか?

 

 

以上の3点がおもな犬が噛み癖の原因です。

 

しつけをする前にしっかりとこの3点の原因のうちあなたの犬がどれに当てはまるのか?

 

をまずは知る必要があります。