犬・トイレ・しつけ・考え方

犬のトイレのしつけに関する基本的な考え方

あなたの犬のトイレのしつけに関する基本的な考え方をいくつか紹介を致します。

 

あなたが犬を室内で飼う場合、犬がトイレを覚えてくれないと大変な事になりますよね?

 

ただ犬はもともと賢い動物ですので、
間違ったしつけをしなければすぐに犬は決まった場所(トイレ)でしか排泄をしなくなります。

 

そこで犬のトイレのしつけに関する基本的な考え方を紹介します。

 

犬がきたらその日から

 

成犬はもちろん、子犬の時に家にやってきたら、
その日からトイレの場所を犬に覚えさす事が大切です。

 

上手にできたらほめてやる

 

トイレが上手にできたらほめてあげましょう。

 

逆にトイレで失敗した場合は、優しく諭す事が重要です。(叱ると逆効果です。)

 

主従関係をはっきりさせる

 

どのしつけにおいても共通な事ですが、
主従関係をはっきりさせる事が重要です。

 

あなたが飼い主で自分よりも上の立場である事を誇示しないと、
犬は、あなたを下に見てトイレのしつけもうまく行きません。

 

(叱る、ほめる)を上手に使い分けて犬に主従関係をしっかりとわからせる事が大切です。

 

室内での行動を注視する

 

決まった場所でおしっこやうんちができるまでは、あなたは犬の室内での行動を常に注視する必要があります。

 

犬がもぞもぞとトイレのそぶりをし出したら、トイレの場所に犬を促してやる事が重要です。