かまって欲しい・犬・噛み癖・改善方法

かまって欲しい場合の犬の噛み癖の改善方法

犬はよくかまって欲しい場合に、

 

猫のように足元にまとわりついて、飼い主の手や足を噛む場合があります。

 

こういった場合の対処方法としては、

 

子犬の甘噛みの時から根気よく何度も、

 

甘噛みを始めたら、「ダメ」と強い表現で叱った後は、

 

無視を決め込む事が重要です。

 

そのまま甘噛みを放置しておくと、

 

犬は飼い主を服従させている。噛めばなんでも言う事をきいてくれると勘違いをしてしまうからです。

 

くれぐれも飼い主が犬にとってのボスである事をわからす必要があります!

 

ただ犬がその後、すねだしたら愛情をもって接してやる事も重要です。

 

常に愛情を与えつつ、悪い事をしたらちゃんと叱る。

 

かまって欲しい場合の犬の噛み癖が完全になくなるまで、この方法でしっかりと改善をしていきましょう!

 

かわいがりすぎて噛み癖が治らない犬は、

 

飼い主にとっても犬にとってもよりよい関係を築くことは不可能です!