歯が生え変わる時期・犬の噛み癖・改善方法

歯が生え変わる時期の犬の噛み癖の改善方法

歯が生え変わる時期の犬の噛み癖の改善方法を紹介します。

 

犬は生後半年から〜1年で乳歯から永久歯に生え変わります。

 

よって永久歯が生え揃うまでは、
むずがゆく人間の手足はもちろん、大切な家具や柱。なんでも噛みます。

 

そこで対処方法としては、

 

犬用のガムを与える

 

ボールを与える

 

噛まれる手の代わりにボールなどを与えて一緒に遊んでやると、

 

犬は手よりもボールに興味を示すようになります。

 

手を噛むとその場で叱り、ボールを噛めばおもいっきり誉める事により、

 

手は噛んで× ボールは噛んで

 

犬自身が学習します。

 

大切なのはその場で叱る事です。
(飼い主が居ない間に家具などを噛んで、後から叱っても犬は「どうして怒られたのか?
理解する事ができません!)

 

犬の嫌いなニオイを家具に塗る

 

カジリノン・トフ」という天然柑橘系オイル、トウガラシエキス配合の便利なしつけ薬があります。

 

↓↓こちら↓↓

 

犬は特に柑橘系のにおいがキライな傾向があります。

 

カジルノンを犬がよく噛む椅子などに塗っておくだけで、

 

犬が噛んだ瞬間、柑橘系と唐辛子エキスが口いっぱいに広がり、

 

犬は塗った場所に一切近づかなくなります。

 

(犬の嗅覚は人間の100倍以上とも言われますので効果的面です。)

 

この商品も犬の学習効果を利用した噛み癖矯正スプレーです。